飲食店に欠かせないもの|POSで効率アップを図ろう

経営の効率化を図る

レジ

発注業務を自動化する

ほとんどの飲食店、コンビニエンスストア、スーパーマーケットなどがposレジを導入しています。posレジは、posシステムを利用したレジのことです。商品を販売した時点で、商品の情報を管理する機能をもっています。これまでのレジシステムでは、人間が手で商品の品名や値段などを入力していました。そのため1日の営業が終了しないと、どの商品がどれだけ売れたかを確認することはできませんでした。posレジは、商品のバーコードを読み込むことで、商品が販売された都度に情報が入力されます。人間が入力するに代わりに、バーコードを読み取ることで入力するため、入力ミスは基本的にありません。売上金の管理もできるため、従業員の不正等もなくなります。飲食店などでは、お客の年齢や性別、当日の天気や気温などの付加情報を入力することで、どのような年齢層の人間がどのような料理を好むかなどを把握することができます。コンビニエンスストアやスーパーマーケットでは、posレジを使用することで即時に商品の販売数量や在庫の状況を確認することができ、商品の発注を自動的に行うことができます。多数の店舗を展開しているお店では、本部の事務所でデータを一括管理することができますので、業務の効率化につながります。posレジを導入するには、多額の初期投資の費用が必要です。一定の機能を持つposレジを導入する際には、法人税や所得税の減税対象となる場合があります。